消費者金融の金利はいくら?

消費者金融は従来、イメージが悪く、多重債務に陥る状況や借金苦で返済に苦しむ状況などが想定され、消費者金融でお金を借りる人は苦しむ結果となると考えられていました。
その理由に、従来では消費者金融でお金を借りると、出資法で決められた上限金利の29.2%で貸し出しを行うことが当たり前の概念としてあり、ただ、利息制限法で定められた上限金利は20%で、これ以上の金利で貸し出すことが、みなし弁済規定と言い、実質このことが法の網の目として存在し、利息制限法を超える利率の契約は、その超える部分については本来無効になります。
20%から29.2%の間での貸し出しがグレーゾーンとして、これを承知していたうえで最高金利で貸し出す業者が多く存在したのも確かです。

しかし現在はと言えば、グレーゾーンで貸し出ししていた消費者金融に対し、過払い金返還請求の申し立てが出来るようになり、過払い請求に対して取りすぎた利息を返還することが続くと、多くの消費者金融は経営が悪化し、単独での経営が難しくなると、大手銀行グループの傘下となって貸し出しをする業者が多くなりました。
このことで適正な利息での貸し出しが行われるようになると、イメージは一新しました。
ただ、このことが逆に業者間競争を激化させ、消費者としては良い点で、一定期間利息負担ゼロやポイント制度をとり入れる企業も多くなりました。
金利や比較は主婦でも内緒で借りられるローンに詳しく載っています。

すぐに必要な資金に対して即融資が受けられる点がメリットで、銀行の審査に比べて早く貸し出しが可能で、しかも、総量規制により収入の3分の1までの貸し出ししか認められないことなども多重債務者を未然に予防する策として、国として消費者金融に利息制限法と共に消費者を守り、ともに金融を生活の中で有効なものにし、社会を豊かにするという考え方が広がったのです。
今までは、店舗で借り入れを行うことに抵抗があったのですが、パソコンやスマホで簡単に借り入れが出来るようになったこともイメージアップとなった理由です。