(宮野さん(仮名)/20歳男性/福井県在住/職業:学生)

僕は、高校を卒業してから、念願の希望大学に入学し、親元を離れて一人暮らしをしながら学生生活を送っています。
本当は第一希望の国立大学に入学できればよかったのですが、残念ながら国立大の受験には失敗。何とか第二希望の私立大に合格したものの、親から言われた条件は、「私立大に入学した場合、学費は出せるけど、生活費までは全て出せない。だから、アルバイトをして生活費を稼ぐように。」とのことでした。
なので、2年前から居酒屋の深夜バイトとコンビニの早朝バイトを掛け持ちして、生活費を稼ぎながら大学に通っています。
学生生活を1年送ってわかったことですが、大学のテスト時期は、たまっているレポート作成やテスト勉強で本当に大変です。私立大に入ったので、親にこれ以上の負担をかけるわけにはいかず、絶対に留年はできません。おのずとテスト前の時期はバイトをセーブすることが多くなりました。
すると、時期によって入ってくるバイト代が違うので、テスト開けの時期は本当に金欠になってしまいます。テストも終わって夏休み!という時期に・・・。
サークルの合宿や、同じ大学の友人との遊びに出費がかさむので、どうしてもお金の足りないときはキャッシングを利用するようになりました。最初は、学生の僕でも借りられるのかな、と心配でしたが、サークルの先輩にも経験談をアドバイスもらって、実際手続きをしてみたら問題なくキャッシングを利用できました。
僕がキャッシングを利用する時期は決まってテスト開けの休みの頃なので、バイトもがんがん入ってがんばれば、次の月にはいつもより多くのバイト代が入るから、即日返済も楽勝です。
多分、卒業までこの調子で、キャッシングを上手く利用しながら学生生活をやっていく予定です。